satoryuの日記

忘れっぽいから覚えてるうちに書いておかないと。

Azure

Google AssistantのバックエンドをAzure WebAppで作った。

Google Homeで音声を入力とした何かを今後作るかもしれないので、試しにGoogle Assistantを作るためのActions on GoogleとDialogflowを使った開発をしてみた。 初めて触れる技術のことなので、アプリケーションのネタはとてもシンプルにこれまで作ってきた駄…

Node.js で書いたAzure Functions アプリのテストを書く。

自分で使うためだけのTwitterクライアントをほそぼそと開発していて、それのテストがそろそろ欲しいと思い、Jest を使って書いてみた。 手始めに、Azure Functions アプリのテストを書いてみたので、それについてまとめてみる。 実際のコードは、こちら。 gi…

easyAuthを使ってAzure FunctionsでTwitter OAuth認証付きのAPIを作る。

Azure Functionsには認証認可を扱うeasyAuthと呼ばれる機能があり、ここでその使い方について紹介する。 Azure Functions は、Azure Web Appがベースとなっていて、だいたいWeb App で出来ることはFunctionsでもできる。 Web Appには、TwitterやFacebookなど…

WebpackでApplication Insightのコードを埋め込む。

Microsoft Azureが提供するサービスの1つにApplication Insightsがある。 これはアプリケーションのメトリクスを収集、集計するための機能を提供してくれるサービスで、お手軽に導入できて便利なのでよく使っている。 公式ドキュメントでは、HTMLにコードを…

突如、"The resource you are looking for has been removed, had its name changed, or is temporarily unavailable." が現れたときの対処

起きたこと Azure WebApps上で動いているアプリケーションのうち、大きいテキストファイルをアップロードする機能があって、それを使おうとしたら The resource you are looking for has been removed, had its name changed, or is temporarily unavailable…

Azure Functions がTypeScriptでかけるようになったからVS Codeで試してみた。

先日、 Azure Functions の公式ツイッターアカウントで、TypeScriptで書きたい人向けのパッケージのリリースアナウンスがあった。 ⚡️⚡️⚡️Check out the new @azure/functions type definitions!!!⚡️⚡️⚡️https://t.co/plmpXd7U7v— Azure Functions (@AzureFun…